アポキル錠 効果

アポキル錠の効果は抜群でした(20代/女性)

我が家の愛犬はマルチーズのメス、6歳です。
4歳ころにジャガイモを使用したフードに切り替えて使用していましたら、目の周りが赤くなってきたので、心配になりアレルギーの検査を動物病院で受けました。
アレルギー検査の結果はジャガイモをはじめフード、インドア、アウトドアを合わせ、多くのアレルゲンが彼女を刺激していたのでした。ただ症状はものすごく強くはなかったため、対処できるフードの切り替えや、空気清浄機の設置、お散歩を控え、お散歩した時にはシャンプー等を行い、痒みのある時のみ抗ヒスタミン剤の内服薬を使用していました。

 

ですが、徐々に時々使用する抗ヒスタミン剤のみでは、対応しきれなくなり、トリミングの後など夜も眠れないことがあるので、注射で痒みを抑えてもらうようになりました。その頃からは週2回の薬浴、痒みがひどい時にはステロイド含有の外用薬を抗ヒスタミン剤と併用するようになりました。薬用シャンプーもアレルゲンが含まれるものがあるので、慎重に選ばなくてはならなくなりました。

 

そうした経過の中、2016年11月に動物病院でアポキルを勧めていただきました。1日1回で内服し始めました。内服し始めてから、間もないうちから、ひどく痒がっていた痒みが、軽減されました。夜も眠れるようになりました。
通常アポキル錠を始める際、1日2回から始めるそうですが、我が家の犬は少ない量から始めることにして、痒みが我慢できない時のみ1日2回内服することにしました。

 

アポキル錠を飲み始め、現在まで1日1回で内服しています。追加投与したのは2回ほどで済んでいます。痒みはなく、掻いたとしてもほんのわずかになり、皮膚のペタつきも軽減しています。薬浴の回数も週2回から痒み、皮膚のペタつきに応じてするようになりましたので、週1回ないし10日に1回程度になりました。

 

痒みが減った以外にうれしいことは、痒かった頃には被毛が薄く、かわいそうなしっぽの毛が立派になってきて、全体的に被毛の量が増えてきたことです。

 

最近では外出した後もひどい痒みはなく、夜もぐっすり眠ることができています。アポキル錠を使用するまでは、痒みが生じていてはかわいそうと心配していましたので、いろいろなことを我慢させてしまっていましたが、現在は快適に過ごせていますので、これからは楽しいことをたくさんさせてあげたいと思っています。

アポキル錠/アポクエルの詳細・口コミはこちら